最近助産院で出産するのが流行っている

最近助産院で出産するのが流行っている

現代の日本で女性がお産をする場所といえば、まずは産婦人科です。

近頃ではマタニティクリニックとも言いますが、おそらくほとんどの人が思いつくのが産婦人科でしょう。

しかし、もう一つ助産院という所があるのをご存じでしょうか?

これは文字通りお産を助ける場所で産婦人科と同様にお産ができる施設ですが、最近この助産院で子供を産みたいという女性が増えてきています。

助産院は産婦人科と違い、病院ではないので難しいお産に対応することはできません。

しかし、妊娠・出産に関するエキスパートである助産師によるケアはそれを補うほどの魅力となっています。

助産院では産前産後に渡って様々なサービスを提供しています。

産前には妊婦やその家族に対して子供の世話の仕方などを教える教室があり、産後にも子育て支援のための様々な取り組みを行っています。

また、子供を母乳で育てたい母親のために母乳外来を行っている所もあり、これから子供を持つ人たちのための強い味方となる拠点でもあります。

助産院で妊産婦のケアをしているのが助産師の資格を持つ人たちです。

助産師は看護師が専門の勉強を積んだ上で国家試験に合格することでなれる職業で、まさに看護師の中でも妊産婦のケアの専門家といえます。

昔は産婆さんとも言われた仕事ですが、現代の助産師はただ出産時に母親の手伝いや赤ちゃんの取り上げをするだけではなく、いろいろな保健指導や育児相談などもしています。

さらに妊娠中は体調だけでなく精神的にも不安定になりがちな時期なので妊婦のメンタル面に対するサポートも行っています。

助産師は一般的な産婦人科や総合病院にも所属していますが、自分自身で開業する権利を持っているので個人で助産院を開いて独自のサービスを行っている事も多くあります。

そのため、人気のある助産院にはそのサービスを求めて遠方からも人が集まってくるほどです。

助産院や助産師についての情報は地域の保健センターでも聞くことができますが、インターネット上でも各種の情報を提供しているサイトを見つけることができます。

助産院で出産するならチェック

産婦人科と助産院の違い

一見同じような事をしている産婦人科と助産院ですが、実は全く違った施設です。

まず産婦人科は一つの「病院」なので、内科や外科と同じく産婦人科の医師がいます。

一般的に「病院」と言う施設も、厳密に言えば小規模な所を「診療所」、ある程度大きな規模の所は「病院」と定義されていますが、どちらにしろ産婦人科には患者を診察する医師がいるのであくまでも「病院」であると言えます。

また、名前からも分かるように一般的に産科、婦人科の両方を診療しているのでそこにやって来る人は必ずしも妊婦とは限りません。

出産に関しても、医師がいるので助産師しかいない助産院では対応できない緊急の手術や難しい出産にも対応することが可能です。

逆子や異常分娩の際には助産院から産婦人科へ移されることもあるのでそういった危険が考えられる場合には必ず産婦人科で診察を受けるようにしなければなりません。

産婦人科はどんな出産に対しても対応できることが最大のメリットだと言えるでしょう。

Comments are closed.