産婦人科と助産院の違い

産婦人科が病院である一方、助産院は医療行為をしないので病院とは言えません。

助産院では通常の妊娠であれば何ら問題なく対応できますが、そこに常駐する医師がいないので帝王切開や異常分娩などの場合は対応できず、すぐに最寄りの産婦人科にバトンタッチすることになります。

助産院ではそういった難しい出産に対応できない代わりに助産師による手厚いケアが受けられるというメリットがあります。

助産師は女性の妊娠から出産、産後に至るまでのケアに関するスペシャリストですから単なる身体的側面だけでなく精神的側面のサポートも行ってもらえます。

始めての出産で大きな不安を抱えている妊婦でも細かく相談に乗ってもらえるので安心感が持てます。

また、それぞれの助産院独自で力を入れている活動もあるのでこだわりの出産がしたい人には向いていると思われます。

特に最近では赤ちゃんを母乳で育てることを重視した所も多く、自分の赤ちゃんを母乳で育てたいと思っている女性には人気があるようです。

助産院で働く助産師とは

さて、助産院で妊産婦のケアをしているのは助産師ですが、この仕事は少し独特なのをご存じでしょうか?

現在、日本では雇用機会均等法によりどの職業も原則として男女両方を採用することになっています。

そのため、最近では男性の看護師や保育士も目立つようになってきていますが、助産師だけは女性のみがなることができる職業です。

それは、お産に関わるという職業上の理由が一番で、以前に看護師と同じように男性助産師を、という意見もありましたが結局見送られています。

確かに助産師の世話になるのは女性ばかりなので男性の助産師がいれば当然敬遠されてしまうでしょう。

看護師の場合は男性患者もいるため、逆に患者側から男性の看護師を求める声もありますが、助産院には女性しか来ないので男性助産師を希望する声はまずあり得ません。

妊娠中は特に精神的にも不安定になりがちなので同じ女性として不安を和らげる役割も担っているので助産師はやはり女性にしかできない職業ということになるでしょう。

助産師は以前「産婆」と呼ばれていた職業に近いものですが、現代の助産師の仕事はそれと比べるととても多様です。

産婆は出産の近づいた妊婦に付き添ってお産を助けるのが主な仕事で、伝統的に地域の老婆や出産経験者が担ってきた役割です。

出産する場所も助産院などではなく、妊婦のいる家で行うのが普通でした。

ところが、現在の助産師はただ出産を助けるのではなく、出産前後に渡って妊婦のケアや生活指導などトータルな支援活動を行います。

決して子供を産んでしまえば助産師の仕事が終わるわけではなく、赤ちゃんの世話の仕方や育児のアドバイスなど幅広いケアを提供します。

産前産後に起こる心のトラブルにも対応してくれますし、母乳で子供を育てたいと思う母親のために母乳外来を行っている助産院もあります。

最近では昔のような大家族が減り、核家族が増えているので母親が一人で赤ちゃんの面倒を見なければいけないケースも多くなっています。

子育ての事を誰にも相談できずに困っているという声も多く、助産師はそういった孤独な母親の相談相手にもなってくれる存在です。

Comments are closed.